[モモ妹が訪ねるAKASHI導入企業Vol.4]

医療のスペシャリスト養成に50年の歴史と実績を誇る「学校法人藍野大学」にお邪魔しました。

「学校法人藍野大学」イメージ画像

写真左から、モモ妹、法人事務局:山田 勝哉氏、法人事務局:水流 和子氏


 

高等学校から専門学校、短期大学、さらには四年制大学を設置している学校法人藍野大学。2019年12月には新しい学舎の竣工を予定し、さらなる活躍が期待される医療系大学の状況をモモが探って来ました。

 
 
山田さん、水流さんにインタビューするモモ
 

モモ:
山田さん、水流さんこんにちは!今日は学校法人藍野大学のことを知りたくて取材に来ました。

山田:
モモちゃん、こんにちは!人事部・人事課の山田です。

水流:
総務部・広報課の水流(つる)です。こんにちは!

モモ:
あれ?山田さんの特命係長って肩書き一体なんですか?(笑)

山田:
そこ、やっぱり気になっちゃうよね(笑)

モモ:
はい!気になっちゃいました(笑)

山田:
そうだね、新しい取り組みや、誰に依頼すればよいのか分からないような事柄を請け負う係って言えばいいかな(笑)。

モモ:
なるほどなるほどー!お助けマンのような存在なんですね。

山田:
そうとも言うのかな?(笑)

 
モモのインタビューに応える山田さん
 

モモ:
水流さんは広報課と言うことは、お仕事は大学のPRですか?

水流:
学校法人藍野大学をたくさんの方に知っていただけるようPR活動に取り組んでいます。他の大学にはない学校法人藍野大学の魅力を発信していくのが仕事ですね。

モモ:
藍野大学の一番の魅力って何ですか?

水流:
昭和43年開校の医療法人恒昭会藍野病院附属准看護学院を前身として、昭和54年に学校法人を設立し、専門学校、短大と歩みを進めながら、これまで50年間で約8,500人の医療人を社会に送り出してきているところでしょうか。

山田:
そうなんです。関西では歴史の長い医療系学校のひとつですね。

モモ:
由緒ある大学なんですね。すごーい!

山田:
それからグループの病院が隣接しているというのも、魅力の一つですね。やはり医療は現場でいかに力を発揮できるかが重要になってくるので、身近なグループの病院できめ細やかな実習を受けられる環境は恵まれていると思います。

 
水流さんに質問するモモ
 

モモ:
大学の学部にはどんなものがあるんですか?

水流:
1学部ですが、医療保健学部に、看護学科・理学療法学科・作業療法学科・臨床工学科の4学科があるんですよ。

モモ:
あまり聞き慣れないのですが、どんなことを身につけられるんですか?

水流:
それぞれの学科の学生が目指しているのは、患者さんの療養上のお世話や診療の補助をする看護師、運動療法・物理療法で基本的な動作を回復、改善に導く理学療法士、身体や精神に障がいがある方の生活における動作能力や社会的な適応能力の回復、改善に導く作業療法士、医師の指示のもと生命維持管理装置の操作や保守点検を行う臨床工学技士なんです。藍野大学で勉強すれば、それぞれの国家試験の受験資格を取得でき、全学生が医療の専門分野を学び巣立っていくんです。

モモ:
へぇ!そうなんですね。

山田:
従来の医師を中心とした医療体制では、患者さんへきめ細かやな対応をするには限界があるんですよね。そのため、本学では患者さん中心の医療を重視した実践力に結びつく学びと、医療スペシャリストとしての素養を培う学習プログラムを揃えています。

モモ:
未来の医療を担っていく人材を育成しているんですね!実際に学生さんが過ごしている場所見せていただいても良いですか?

山田:
今、授業中で教室には入れないので、生徒がよく利用する藍野大学中央図書館へ一緒に行きましょう。

 
藍野大学中央図書館の館内風景
 

モモ:
うわぁ!?難しい本がいっぱいですね。

水流:
このフロアには、医学・医療関係の専門図書が並んでいます。別のフロアには人文科学や社会科学などの図書もあるんですよ。

モモ:
静かに個人学習したい利用者のために、仕切りのある机も設置してあるんですね!勉強するには至れり尽くせりの空間ですね。

水流:
そうですね!普段は授業の合間や、テスト前、国家試験前に調べ物や勉強する生徒でいっぱいになるんですよ。今は授業中でちょっと少ないですね。

モモ:
そうなんですね!学生さんに会いたかったです、残念・・。

 
読書をするモモの様子
 

山田:
モモちゃんは普段、読書するの?

モモ:
もちろんです!これでも一応、新聞記者のお仕事をしているので、新聞は毎日欠かさず読んでますよ。

水流:
モモちゃん、雰囲気も色も図書館にマッチしているね(笑)新聞を読む横顔が凛々しい!

 
頭がクラクラしてるモモの様子
 

モモ:
でも、すみません!私には医療系の専門用語が難しすぎちゃって。頭がクラクラして来ました〜!!(笑)

水流:
(笑)。モモちゃん、そう言わずに今度はぜひ授業を受けに来てね。

山田:
様々な医療系の国家試験受験資格が取得できます。モモちゃんがもしも将来手に職をつけたくなったらぜひ!モモちゃんの受験を心からお待ちしております。

モモ:
はい!わかりました!!それまでになんとか専門用語に慣れておかなくっちゃ!(笑)

 
山田さん、水流さん、モモの3ショット
 

【取材協力】

学校法人藍野大学

  • 所在地:大阪府茨木市高田町1-22
  • ホームページ:http://aino.ac.jp/
  • 設立:1979年(昭和54年)

※文中記載の組織名、所属、役職、サービス名などはすべて2018年12月取材時点のものです。

 

導入事例はこちら >

 

【その他の当選企業様インタビュー】


キャンペーン当選企業様インタビューTOPへ戻る >

AKASHI、
使ってみませんか?

すべてのプランを
30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアルはこちら >