[東京開催] 社労士が解説!民法改正における賃金債権の実務対応ポイント
クラウド勤怠管理システム「AKASHI」✕ RPAシステム「Robo-Pat」使い方セミナー|2020年3月


<中止のお知らせ>
国内外での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大の防止のため、ご参加頂く皆様と従業員の安全を考慮し、当セミナーを中止とさせていただくことになりました。
急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。



クラウド勤怠管理システム「AKASHI」✕ RPAシステム「Robo-Pat」使い方セミナー


 

2020年4月の民法改正で、労働基準法の賃金債権が3年に延びます。自社で行う具体的な作業内容と抑えておきたいポイントとは!?
クラウド勤怠管理システム「AKASHI」では、AKASHI専属の社労士による労働法改正の実務対応のポイントを解説いたします。その対策をサポートするクラウド勤怠管理システム「AKASHI」、RPAシステム「Robo-Pat」についてデモを交えてご紹介します。
ぜひ、ご参加お待ちしております。

 

セミナー概要

開催地 東京
日時 2020年3月5日(木) 14:00~16:00(受付開始13:30)
定員 40名
参加費用 無料
会場 スターティアレイズ株式会社 本社セミナールーム
〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス19F(地図)
主催者
対象者
  • 勤怠管理を始めとするバックオフィス業務に課題をお持ちの方
  • 勤怠管理を始めとするバックオフィス業務の実務担当者


※同業者の方のご参加はお断りをさせていただく場合がございます。
※各パートの講演内容は変更となる可能性がございます。
※複数名のお申し込みの場合も、お手数ですが、お一人ずつお申し込みください。

セミナー内容

■ 第1部:社労士が解説!民法改正における賃金債権の実務対応ポイント

  • 賃金債権の消滅時効の伸長が与える具体的な影響とは
  • 裁判例から見る固定残業制度の要件と変更時の留意点とは
  • 貴社の管理監督者は、本当に管理監督者?

など、大きな制度改正を伴う今回の法改正によって企業の担当者が対応すべきポイントを現場経験豊富な社労士が解説します。

株式会社リーガルネットワークス 代表取締役
社会保険労務士事務所リーガルネットワークス 所長 勝山 竜矢氏

■ 第2部:クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」 ―法改正や日々の企業活動へのフレキシブルな対応が可能なAKASHIのご紹介―

 

■ 第3部:業務効率化にお困りの方は必見!RPAシステム ―元人事責任者が使っている自分で作れるRPAツールRobo-Patのご紹介―

 

登壇者プロフィール

登壇者プロフィール

株式会社リーガルネットワークス 代表取締役
社会保険労務士事務所リーガルネットワークス 所長 勝山 竜矢氏

社会保険労務士として独⽴開業時より、ソニーグループの勤怠管理サービスの開発、拡販等に参画。これまでに1,000社以上の勤怠管理についてシステム導入およびご相談に対応。現在は、社会保険労務士事務所の運営並びに勤怠管理システムAKASHIの開発支援を実施。

「社会保険労務士事務所リーガルネットワークス」
 
 
 


 

オンライン個別相談(セミナー日程が合わない方へ)

AKASHIでは、オンライン画面上で営業スタッフと個別に相談ができる「オンライン個別相談」をご用意しています。
営業スタッフがサービス資料やAKASHI管理画面のデモをオンライン画面上で説明いたします。お客様は営業スタッフとオンライン画面で同じ資料や管理画面を見ながら説明を受けますのでストレス無くわかりやすいと好評をいただいています。

→オンライン個別相談

勤怠管理システム
「AKASHI」

カンタン登録ですぐにお試し可能です