説明書不要のサービスを目指す。

プロジェクトメンバー

  • 渡邊 謙人

    AKASHIでの役割

    営業、マーケティング、コンタクトセンターなどプロジェクト全体の統括・指揮を行う。

  • 勝山 竜矢

    AKASHIでの役割

    社会保険労務士の立場でプロジェクトに対し専門的なアドバイスからお客様の目線での意見を施す。

  • 冨田 佳宏

    AKASHIでの役割

    開発チームのプロジェクトリーダー。開発状況の進捗管理と共に今回は企画も兼務している。

  • 梅本 純

    AKASHIでの役割

    機能開発、UI/UXデザインを担当。今回は新しい技術を取り入れた開発に挑戦している。

1. 説明書不要のサービスを目指す。

勝山 竜矢
勝山社会保険労務士

Internet Time Recorder(以下、ITR)という勤怠管理サービスを10年以上提供している中で、お客様から「この画面の意味がわからない」「操作をどうすればいいのか教えて」というお声を常に頂戴していました。

提供している自分たちでも「確かにこれは分かりづらい」と思う所もありましたが(笑)、社内の開発リソースなどの関係で頓挫し、お客様にとってよいサービスを提供できていないという歯がゆさはずっとありました。

渡邊 謙人
渡邊プロジェクトマネージャー

このままではいけないという事で2014年頃に本格的にサービスのリニューアルを検討しました。リニューアルを検討するにあたり注意したことは、企画の段階から開発メンバーに入ってもらうことでした。

実際にお客様から挙がっている声をダイレクトに開発メンバーに伝えることで、お客様目線での開発をしてもらうためです。社内のメンバーに共通の意識を持ってサービスを提供する意識を持ってもらうことが最初のハードルでしたね。

毎日会議室に缶詰めで討論してました。(笑)

梅本 純
梅本UI/UXデザイナー

勤怠管理サービスの開発に初めて関わったのですが、とにかく全てが新鮮でした。例えば就業規則なんて自分が働いている会社のものしか当然見たことなかったのですが、ほかの会社ではこんな形になっていて、それに対応するためにはこういう形で開発しなければいけないんだと。

営業の人から聞くお客様の声も自分に取っては驚きで、従業員や管理者などのユーザーは意外な部分での要望があって、自分が重要と考える機能とはまったく別だったり(笑) そういう部分では開発規模を見積もるにあたり、企画段階から入れたことは大きかったです。

今回は特に毎日触る勤怠管理システムということもあり、お客様目線というのを重要視しました。

冨田 佳宏
冨田プロジェクトリーダー

AKASHIは新しい機能をこれからもどんどんリリースしていきたいと思っていますが、初期の開発段階からいままでの手法とは違った試みを実はかなりやっていてチャレンジングなことが多かったです。

ITRはやはり10年以上前に開発されたサービスなので、その古い土壌になにか新しい機能を加えたり修正することに限界を感じていました。

今回リニューアルするということで、以前から試したかったことやお客様の使いやすさはもちろん、ユーザーに「驚きを与えるようなサービス」にもしていきたいと思いますね。

AKASHI、
使ってみませんか?

すべてのプランを
30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアルはこちら >