2020年11月5日

クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」は「ITreview Grid Award 2020 Fall」の
「勤怠管理」部門で「Leader」を受賞

クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」はビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」の「勤怠管理」部門において、顧客満足度と認知度の双方が優れた製品として「Leader」に選出されたことをお知らせします。

ITreview Grid とユーザーの高満足度の称号である Leader とは

ビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」では、集まったリアルユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid」を展開しています。

10月に発表された「ITreview Grid Award 2020 Fall」では、ITreviewに集まった約4万件のレビューをもとに、顧客満足度と認知度の双方が優れた製品を「Leader」として表彰、バッジが発行されています。ITreviewのLeaderは、既に多くの利用者から支持を得ている証であり、名誉ある称号とされております。

アワードの詳細は下記専用ページもご参照ください。
URL:https://www.itreview.jp/award/2020_fall.html

クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」利用者からの声

「ITreview」に投稿された利用者の評価では、「汎用性が高く、見やすいデザイン」「見やすいUIと小回りの効く機能」「抜群の使いやすさ!」「抜群の導入ハードルの低さ(低コストとサポート)」「出退勤や有給の残数などが一目で見れるようになりました!」「管理者にとっても従業員にとっても、直感的に使える」などの点が特に評価されていることがわかりました。

「AKASHI」レビューの一部紹介

テレワークにも対応できる勤怠管理
まず、打刻の方法が多く揃えられている点が挙げられます。ICカードを使えば共有パソコンでFelicaを使って打刻もできますし、Felicaがない場合もアプリを使えばPCもしくはスマホで打刻することができます。出張やリモートワークの職員にはこの機能が使えるので便利です。
また、勤怠管理ソフトはいままで味気のないGUIのものが多かったですが、見やすくアイコンで意味が伝わり、直感的に使えるためその点も良かったです。(病院 100-300人未満 ユーザー様)
時間単位有給休暇の管理
AKASHIを導入したきっかけは、昨年より開始した「時間単位有給休暇」に対応している点が大きかったです。以前利用していた勤怠システムはそれに対応しておらず、またクラウド型でなかったので、出張などの場合勤怠打刻ができず、承認も後回しになっていました。今は外部からPCや携帯用のKUNAIを活用して勤怠打刻や休暇承認なども進めています。たまにインターネットの具合で通信が固まることがありますが導入から1年半たちますが支障なく運用しています。(総合卸売・商社・貿易 20-50人未満 導入決定者様)
カスタマーサポートも充実して、安心して使える!
電話やチャットでのレスポンスも早くて安心して使えます。
また、設定についてはオンラインマニュアルも充実しておりますし、分かりづらい部分は動画マニュアルもあり、サポートは充実している印象です。トライアルの期間も長いので、本稼働までに十分準備ができました!(経営コンサルティング 20人未満 ユーザー様)
インターフェースが使いやすい
操作が簡単で、表示カスタムも用途によって変更できるので便利。
他のクラウド勤怠を何種類かお試ししたが、一番シンプルで利用しやすい。(デザイン・製作 20-50人未満 導入決定者様)
抜群の使いやすさ!
導入が比較的簡単。勤怠の初期設定さえきちんと行えば、あとは全てシステム上で完結できます。
昨今の法改正、特に昨今の大きな動きである「有給休暇の5日間取得」「時間外労働の上限規制」にきちんと対応してくれているので、ひたすらややこしくて面倒なExcel、紙ベースでの管理から解放されたのは、本当に感謝しかありません。(その他製造業 100-300人未満 導入決定者様)
シンプルなデザイン
デザイン(インターフェイス)、処理(管理画面、出勤簿画面、申請画面)がシンプル。
外部連携におけるインポート、エクスポートは自由に設定が可能。工数管理ができる。(その他 50-100人未満 IT管理者様)
スタートアップ企業が最初に導入するならおススメ
・シンプルで分かりやすいインターフェース
・ダッシュボードで勤怠状況の把握が容易
・各種休暇付与、日数管理なども自動で対応可能
・ヘルプデスクの対応が早く親切(情報通信・インターネット 20-50人未満 導入決定者様)
抜群の導入ハードルの低さ(低コストとサポート)
AKASHIの課金体系は他社とは異なり、利用可能枠ではなく実利用ユーザーだけに課金される方法のため、無駄なランニングコストが発生しないのはかなりポイントが高いです点です。またサポートはオンラインマニュアルに加えてチャットのヘルプデスクがあるので、これも電話で相手の先導で説明されることなく、またメールの返信待ちになることもなく、スピードある回答が得られるのは、ITリテラシーの低い当社にはかなり助かっている点です。
以上の2点から、新規で導入検討する中小企業には、かなり導入ハードルが低く利用開始しやすいと感じます。(建設・建築 100-300人未満 導入決定者様)
従業員も管理者も直感的に使える勤怠管理ツール
管理者にとっても従業員にとっても、直感的に使える設計になっています。打刻ミスの申請もできますし、管理画面では休憩時間の発生規則なども設定でき、業務形態に合わせた設定ができるのがありがたいです。(デザイン・製作 20人未満 経営・経営企画職様)

レビューの詳細はこちら>>https://www.itreview.jp/products/akashi/reviews

勤怠管理システム
「AKASHI」

カンタン登録ですぐにお試し可能です