36協定設定

労使協定が定める時間外労働の上限(月45時間/年間360時間)を元に各企業で定められた労働時間を設定できます。 それらの設定値をオーバーする場合は管理者および従業員それぞれに警告のアラートが通知されます。

  • 36協定設定画面

  • 36協定変更画面:36協定の内容を設定することで、36協定に応じたアラートや集計が実行されます。

    36協定残業時間確認画面:マイページのダッシュボードにより、残業時間をグラフで確認できます。

勤怠管理システム
「AKASHI」

カンタン登録ですぐにお試し可能です