変形労働時間設定

変形労働制とは、繁忙期の所定労働時間を長くする代わりに、閑散期の所定労働時間を短くするといったように、業務の繁閑期などに応じて労働時間の配分等を行い、これによって全体としての労働時間の短縮を図ろうとする制度です。月・年 単位での変形労働時間設定が可能で面倒な労働時間の計算もAKASHIが自動で対応。現在の予定との差異、希望シフトとの差異や連続勤務アラート、所定や休日日数、週平均の上限を超過した際にアラートが表示され確認できます。
※1年変形労働制は労使協定の締結が必要になります。詳しくは企業の担当社労士に相談してください。

AKASHIの機能をわかりやすく紹介した資料をお送りします

資料請求する(無料)

変形労働制の設定を行うことにより、適切な労働時間調整となり、正しく労働時間の算出が行えるようになります。

変形労働制の設定で難しい法令順守・給与計算が行えます。

  • 労使協定や就業規則等の規定類を作成

    1年変形協定設定

AKASHIの機能をわかりやすく紹介した資料をお送りします

資料請求する(無料)

勤怠管理システム
「AKASHI」

カンタン登録ですぐにお試し可能です

30日間無料 全機能を体験できます 無料トライアル 今すぐ試してみる 30日間無料 全機能を体験できます 無料トライアル 今すぐ試してみる

活用方法や事例をご紹介

資料・事例集をダウンロード

毎日開催中。まずは聞いてみる

個別オンラインデモ