MFクラウド給与との連携について

MFクラウド給与との連携により、AKASHIの勤怠情報をMFクラウド給与に取り込むことができます。
この連携により勤怠データを即時に集計することができ、給与計算に係る工数を削減することができます。

※MFクラウド給与を利用していない場合、こちらは利用できません。
※この操作は「企業管理者のみ可能」なものになります。

手順

  • 1. AKASHIでのアクセストークンの取得(AKASHI側での作業)

    AKASHIから、連携をするためのアクセストークンを取得します。
    AKASHIにログイン後、設定から外部連携設定をクリックしてください。

    MFクラウド給与の[登録]ボタンをクリックしてください。

    MFクラウド給与連携設定登録画面で、記載内容をご確認いただき、[同意する]にチェックを入れて下さい。
    アクセストークンをコピーし、最後に[確定]ボタンをクリックしてください。
    ※アクセストークンが表示されていない場合は、AKASHIのサポートへお問い合わせください。

  • 2. MFクラウド給与の設定(MFクラウド給与側での作業)

    サイドメニューの[連携設定]をクリックします。

    [AKASHI連携]欄の右側[連携設定]をクリックします。

    [AKASHI連携]画面が表示されますので、ログイン企業IDとアクセストークンを入力し[登録する]をクリックします。

    連携が完了すると[AKASHI連携を更新しました]とメッセージが表示されます。

    連携を解除する場合はごみ箱のアイコンクリックしてください。
    ログイン企業IDとアクセストークンを変更する場合は[編集]より行ってください。

  • 3. 従業員情報の取り込み(MFクラウド給与側での作業)

    連携完了後に[従業員情報]画面に遷移し、[従業員を追加]ボタンをクリックすると、[AKASHIから従業員データを取り込む]ボタンが表示されますので、クリックします。

    [従業員データ取り込み]画面が表示されますので、[取り込む]をクリックします。

    従業員が追加されました。紐付けられた従業員(勤怠データが取り込まれる従業員)には[勤怠]列にチェックが入ります。

    ※入社年月日、従業員コード等、一部の基本情報は自動反映されますが、基本給の金額や通勤手当等、給与計算に必要な情報は[詳細設定]より設定が必要です。
    ※上記設定で従業員のデータが取り込まれます。勤怠データの取り込み方法について以下にご説明します。

  • 4. 勤怠データの取り込み(MFクラウド給与側での作業)

    勤怠データの取り込みは[給与計算]画面で行います。画面右上[メニュー]をクリックします。

    [AKASHIから勤怠データをインポート]をクリックします。
    取り込みには最長で5分程度かかる場合がございます。取り込み中は[勤怠データ取り込み中です。取り込みが完了するまで暫くお待ち下さい。]とメッセージが表示されます。取り込みが完了しても自動で更新はされませんので、キーボードの[F5]等で定期的にページの更新を行い、ご確認をお願いいたします。

    勤怠データが反映されました。

AKASHI連携の仕様

  • 従業員の紐付け

    1. AKASHIの従業員データとMFクラウド給与の従業員データで照合を行い、紐付けられる従業員については紐付けが行われ、紐付けられない従業員は新規作成されます。
    2. AKASHIとMFクラウド給与の従業員データは、従業員コードを元に紐付けが行われます。例えば、AKASHI上で従業員コードが[00001]の場合、MFクラウド給与の従業員コードが[00001]の者の勤怠データとして取り込まれます。
  • 従業員の紐付け

    1. AKASHIで標準で登録のある項目が、MFクラウド給与の項目に変換され取り込まれます。対応については下記の表をご参照ください。
    2. なお、下記以外の項目で、お客さまが独自にAKASHIで作成した項目は、勤怠データのインポート前に、MFクラウド給与の[基本設定]>[勤怠項目]>[追加]にて、AKASHIの[設定]>[表示カスタマイズ]>[項目設定]に表示されている名称と完全一致する勤怠項目を作成いただくことで、勤怠データを取り込むことができます。

AKASHI、
使ってみませんか?

すべてのプランを
30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアルはこちら >